寒い冬を乗り切りたい。主に在宅デスクワークで愛用中のあったかグッズたち

こんにちは、巻子です。2017年9月生まれの男児の母をしています。

寒くなりましたね。。いやもう寒冷地の方に比べたら関東の冬なんてスライムLV.1って感じなのでしょうが。ここ数日暖かい日が続いていたので余計に響きます。

そんなわけで、冬になると活躍しているあったかグッズを紹介したいと思います。あ、大人用です。また、在宅デスクワーク向きのものがやや多めです。自分が机に向かって作業するオタクなので……冬は特に大型イベントがほら……まあそんな感じです。冬の原稿のお供です。

寒い冬を乗り切りたい。主に在宅デスクワークで愛用中のあったかグッズたち

最長8時間、繰り返し使える湯たんぽ「レンジで湯たロン」

レンジで3~4分チンして繰り返して使える湯たんぽ。42℃を最長8時間キープ、ってことで寝る前にチンして布団の足元らへんに入れとくともうずっと暖かいです。冬場の冷えたお布団も暖めておけるのでとても入眠に優しい!チンした後は電源いらずなので電気代的にもいい感じです。

デスクワークの時はチンしたものを膝の上に置いておくとこれまたずっと暖かいです。猫でも抱えてるような感じです。肩や腰を暖めたりするのにも重宝してます。

難点はあまり周辺気温が低いと冷えやすいことです。
この湯たんぽ、チンすると液体、普段は固体、という中材が使われていて、チンすると液体になった部分から固体の部分へと段々熱が伝わって広がっていく設計になっています。なのでお布団から飛び出してしまうと冷えるのが早い点は注意です。

足先が開くので便利。アルファックス「極暖 足が出せるロングカバー」

冗談みたいに暖かいです。ほんとアホみたいに暖かい。この時期机に向かってるとかなり足先が冷えるのでいつも履いてます。

めちゃくちゃ暖かい分、油断するとホッカホカになってしまいますが、足先が開閉式になっているので暑い時は放熱できます!また、お手洗いや風呂場など、モフモフのまま行くにはちょっと……という場所でも、わざわざ脱がなくて済むので余計な時間がかかりません。

ちなみに太股のゴムは緩めです。着席時に窮屈でなくて良い分、動き回っての作業には不向きです。見た目かなりスタンダードプードル。とても会社では使えません。在宅デスクワーク向きですね。

マイクロファイバーだから軽くて暖かい「mofua マイクロファイバー着る毛布」

着る毛布はいくつか試しましたが、マイクロファイバー素材のものが軽くて暖かくて攻守共に最強ですね!重たいものはどうしても肩が凝るので……。

この着る毛布、ボタンが付いてるのでズルズル落ちてきたりもしないし、丈感も110cmと程良い長さで床に引きずったりしないのが良いです。
エアコン点けるとどうしても頭がボーっとしてしまうので重宝しています。

NASAの技術を採用した素材で作られたハイテク毛布「スペース暖シート」

NASAの技術……とかに弱いです。見た目ペラいちのアルミシートですが冗談みたいに暖かいです。

NASAの技術を
転用した素材で作られたハイテク毛布☆

アルミ4層構造になっているので、
大変薄いのに体温を逃がさなく、
体から出る熱を反射して、熱を蓄えます!!

電気毛布ではないのでもちろん電気代もかからないし、エアコンと違って空気を暖めるわけではないので乾燥もしません。前述の湯たんぽとの組み合わせはヤバイです。明らかに相性の良い組み合わせです。

うちでは肌掛けと毛布の間に挟んで使っています。ズレやすいのが難点ですが、クリップなどで止めてあげるとその煩わしさからも解放されますよー。蒸れたりもしないいし快適です。

お互いがんばって寒い冬を乗り切りましょう~。ほんと早く暖かくならないかなあ。
ではでは。