なぜブルベ冬は選民思想こじらせ女になるのかをブルべ冬のこじらせ女が考える

こんにちは、巻子です。2017年9月生まれの男児の母をしています。
この雑記は育児に全く関係ない話であること、ひどく主語の大きい話に見えるが私個人の主観であること、特定の誰かを攻撃する意図は全くないものであること、を念のため最初に断っておきます。

なぜブルベ冬は選民思想こじらせ女になるのかをブルべ冬のこじらせ女が考える

そもそもパーソナルカラー診断とは

突然ですがパーソナルカラー診断ってやったことありますか?やったことある方はもちろん、名前だけは聞いたことあるって方はとても多いと思います。
個人的にはやって良かったのでおすすめしたいです。費用もまちまちだし安いところだと三千円くらいでできるところもあるので近場で見つけたらぜひ。

パーソナルカラー診断とは、ざっくり言うと「肌」「瞳」「髪」なんかの『個人の色』を確認・分析して、それに合うファッションやメイクの色を調べること(または教えてくれるサービス)です。

自分が受けた時の話ですが、診断は ①蛍光灯などの明るい部屋で ②ほぼノーメイク ③色々なカラーの布を当てていく っていう感じでやります。
で、明らかに顔色が華やぐ色とか悪く見える色とかがあるので、それで春夏秋冬どれに分類されるかわかる感じですね。それぞれの季節に似合うカラーパレットがまとまったカードをもらって帰りました。

「合う色」っていうのは色彩のトーンや彩度やコントラストで決まるので実際診断してもらわずともデザインやってる人や色彩検定持ってる方なんかだと大体わかるんじゃないかと思います。

ブルベ冬が言いがちな言葉

さて本題です。これを読んで下さってる方はほとんどが女性の方だと思って書いてるんですが、こんな言葉を聞いたことはないでしょうか。

「あたしブルベ冬だから買える服がなくて~(笑)」(意訳)

しかもわりと頻繁に。この頻繁にってのがミソです。
知っとるがな!聞いたがな!何度も言わなくていいがな!

あとなんか別にそのタイミングで明かさなくていいかな、って時に「ブルベ冬です」アピールが入ったりする。謎に。

なぜブルベ冬はこじらせてんのか

さて、なんで何度も言っちゃうようなこじらせ方をしてしまうでしょうか。何度も言うって意識レベルかなり高いですからね。しかも言ったこと忘れてますからね。

ところで、パーソナルカラー診断ではカラーパレット記載のカードをもらったと先述しました。で、実際どんなカラーがブルベ冬は似合うとされているかと言うと、まあ強いんですよ。カラーが。ブラックブルーパープルマゼンタみたいな。そういうもんだから冬色なんですけど。

で、ここで適当なレディースブランドの店に足を運びます。

ないんだな、服が。

アースカラーは全滅、パステルカラーは絶望的、ベージュですら物による、イエロー系じゃない生地ってそんなにないものか?っていっそ感心できる。あって黒か白、グレー、ネイビー。色彩センスがめっちゃある人なら強めのな色も華麗に着こなすのだろうが、私などの場合は無事に無彩色女が出来上がる。まさに枯れ木である。冬ってそういうことじゃないのよ。

どんな思想も生まれた瞬間に持ってるわけではない

好き嫌いの多いわたくしですが、特に嫌いなものがあります。それは靴のセール会場です。

我が家はデカ足の家系なもので、私の足のサイズは25cm、靴のサイズは25~25.5cmってとこです。ちなみに母と妹は26cmです。いやー信じられないでしょ!?世界にはこんなデカ足の家族もいるんですよ実は。

で、靴のサイズ幅は一般的にS~Lでcm表記に直すと22.5~24.5cmってとこじゃないですか。通常の販売期間であってもこのボリュームゾーンからはみ出すサイズは見つけにくいですが、それでもメーカー直営ならなんとかなったりするのでプロパーで買うには問題ないんです。あとマルイモデルには頭が上がらない。

だがセール会場は違う。なんでもそうだけど一番下と一番上からなくなってくんですよね。コンサートのチケットとかね。セール会場に並んでる靴は22.5~24.5cmのサイズがほとんどで、そもそもそこから外れると売り場すらなかったりあってもしょうもないウォーキングシューズが少し置いてあるだけだったりする。

皆が皆浮足立ってるセール会場で自分だけ一人何も買うものがない。これけっこう悲しい。おめーの靴ねーからwwである。
で、そうは言っても買い物はしたいから、ダイレクトメールをもらったきっかけなんかで何度か期待しながらセール会場に行ったりする。でも買える靴はない。蚊帳の外なのだ。

「あたし足大きいからセール会場とかむり~(笑)」

いっちょあがり!!仕上がってるね!!

ブルベ冬をことさら強調する人たちも何も最初からそういう思想を持ってたわけではない。お釈迦様じゃないからね。

パーソナルカラー診断をしてみて、実際どんな色が自分に似合うかを把握した上でなんらか店舗に赴いて、「あっなんもないじゃん」という虚無感を抱いて、鬱積した虚無感の積み重ねが選民思想に転化した結果なんだと思う。多分。こういっちゃなんだがマイナージャンルのオタクがこじらせるのと似てる。まあマイナージャンルのオタクって私のことなんですけど。

仕上がってるブルベ冬のことは生暖かく見守ってやってほしい

そんなめんどくさいブルベ冬ですけど、こいつも色々あったんだな、って思ってもらえると大変嬉しいです。できるだけアッピールしないようにするので。

散々な書き様だけど、パーソナルカラー診断自体はとても参考になるとても有用な診断です。参考になるし、今後一生自分が似合う色・似合わない色がわかるって点では絶対にコスパが良いので一度受けてみるのはとってもおすすめです。

ちなみにもし付き添ってくれる友人がいるなら一緒に行くのをおすすめします。自分でもけっこうはっきりわかるけど、やはり主観の力は強いので、他人がやってもらってるのを見ると「なるほど~」度が段違いです。

で、その気持ちわかるよ、って言ってくれるブルベ冬さん。一緒にH&MかZARAでも行こう。